鍵紛失は空き巣に遭うため危険!速やかな鍵開けと防犯が必要

鍵紛失したら交換が必須

鍵は日常カバンやポケットなどから出し入れを行なうアイテムなので何気なく使っていますが、その分失くす機会も多いと言えます。鍵紛失したら空き巣に遭う危険性は一気に高まるため注意が必要です。

鍵開け業者に聞く空き巣の恐怖


鍵紛失してしまったけど合鍵があれば大丈夫ですよね?
鍵紛失後に業者に鍵開けと合鍵作成をしてもらい、安心する人は少なくないでしょう。しかし、そのままでは空き巣に入られてしまうリスクは残ったままです。空き巣に入る犯人は常にチャンスを狙っているため、鍵や個人情報の分かる身分証明書などが落ちていれば悪用するでしょう。鍵開けを行なった後は、合鍵で済ませず、鍵本体を取り替えるなどの対策が必要です。鍵と身分証明書を分けて持つことも大事ですが、万が一鍵紛失が起こった場合は警察に遺失届を出しておきましょう。自宅のドアの上に防犯カメラや監視カメラを設置することも、空き巣防止には有効です。
1本の鍵で自宅にたどり着くことができるの?
鍵紛失トラブルでは身分証明書や身元が確認できるものを同時に落とさないことが大事とお伝えしましたが、たとえ鍵紛失のみの場合でも空き巣に入られてしまうリスクは十分にあります。例えば鍵紛失の瞬間を犯人に見られていたとしましょう。鍵の持ち主の顔を認識されてしまうのはもちろんですが、その後犯人につけられてしまうと、住所をいとも簡単に知られてしまうことになります。空き巣対策を考えた場合、たとえ1本の鍵紛失トラブルであっても軽く考えてはいけません。

一般的な空き巣が自宅に侵入するまで

下調べをする

空き巣の手口は鮮やかです。「まさか自分が空き巣被害にとは思わなかった」というのが、空き巣に入られた人の生の声です。空き巣は鍵紛失があってもなくても、また鍵開けの作業をしていてもいなくても用意周到に下調べを行ない、犯行に及びます。日頃から鍵紛失や防犯対策に気を付けましょう。

侵入する

金品目的であっても怨恨絡みであっても、犯行をスムーズに行なうために最適なときに犯人は侵入します。周りの視線を集めないように不審な行動はしませんし、侵入時は音を立てません。代表的な手口が「ピッキング」です。侵入に気付かれないように、物を壊さずに空き巣に入ります。

住宅

空き巣に入られないようにするには、鍵紛失を防ぐことがもっとも有効な対策方法です。加えて、防犯対策をしっかり行なっていることを犯人にアピールできれば、目星を付けられるリスクも減らすことができます。空き巣は計画的に行なわれるため、防犯対策も計画的に行ないましょう。鍵紛失した場合は、鍵開け後に鍵交換を行なうなど、万全の対策が必要です。

空き巣被害は防ぐことができる

空き巣被害に遭うのは原因があるかも知れません。どのような住宅が被害に遭っているのか把握しましょう。鍵紛失などを防ぎ、効果的な防犯をしていくことで空き巣被害を防げるでしょう。

留守中の住宅に被害が集中

空き巣は計画的に行なわれます。家に侵入しても、盗める物がなければ捕まる危険性だけになってしまうからです。計画的に空き巣を行なう犯人が狙う家には特徴があります。それは、金目の物があること、そして留守になる時間帯があることです。チャイムを押して、家の人が留守だと分かれば犯行が行なわれます。金品目的だけの侵入であれば、人のいない留守中が絶好の狙い時だからです。全国的にほとんどの窃盗は、留守中に行なわれています。

TOPボタン